MENU
お問い合わせ-スマホ開閉メニュー

\ お気軽にお申し込みください /

メニュー

甲子園に向けてまたも14安打と猛打爆発!辻田投手は6人連続空振り三振斬り!

第94回選抜高等学校野球大会に出場するクラーク国際は3月9日、昨夏の選手権大会愛知県予選8強の大同大付属大同高校(愛知)と練習試合で対戦し、8―1で圧勝しました。打線は、7番・新岡歩輝(あゆき)遊撃手(新2年)が、レフトとセンターの間を抜けるランニング本塁打をかっ飛ばすなど、好調をキープ。出場全選手で合計14安打を放ちました。4回からマウンドに上がった148㌔右腕・辻田旭輝(あさひ)投手(新3年)は、打者6人と対戦。全員から空振り三振を奪うパーフェクトピッチングで、順調な調整ぶりをアピールしました。
甲子園優勝経験のある前橋育英を2試合29安打と打ち込んだ打線が、この日も爆発しました。2回の第1打席に、アウトコース寄りのストレートを左中間に弾き返し、ダイヤモンドを1周してホームインした新岡歩くんは「久しぶりにいい打球でした」と笑顔を見せてくれました。佐々木啓司監督は「6日の試合で自打球を顔に当てた時は、10秒ぐらい倒れたままだったので『甲子園に間に合わないかも』と不安になったが、今日の感じだと問題なさそうだね」と胸をなでおろしていました。
投げる方では辻田投手が、力のあるストレートで4個、スピンの効いたカーブで2個の6者連続空振り三振を記録しました。「指がボールにくっついて、かかっていたと思います。下半身も上半身もつながって運動していました。甲子園に向けてもう少し(状態を)上げていければ」と、こちらも手応え十分のコメントでした。18日の1回戦・九州国際大付(福岡)戦に向けてどんどん調子を上げているチームに、今後も声援をお願いします!

【練習試合】
大同大付大同 000001000=1
クラーク国際 12130001X=8
バッテリー:山中、辻田、新岡歩―麻原
本塁打:新岡歩
二塁打:金原

新岡歩選手はランニング本塁打を放ってホームに生還
辻田投手は6者連続空振り三振の快投を見せる
佐々木達也部長(中央)は試合中に選手にアドバイス
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる