MENU
お問い合わせ-スマホ開閉メニュー

\ お気軽にお申し込みください /

メニュー

センバツ甲子園初戦の相手はまたも九州国際大付!明治神宮大会のリベンジへ闘志!

第94回選抜高等学校野球大会(3月18日から、阪神甲子園球場)の組み合わせ抽選会が3月4日、オンライン形式で行われました。初出場クラーク国際は、3月18日の第3試合で、昨年11月の明治神宮大会1回戦で1−5の敗戦を喫した九州国際大学付属高校(福岡)と、再び1回戦を戦うことが決まりました。再戦が決定した瞬間、白取太郎主将(2年)は思わず苦笑い。そして「神宮大会の悔しさを胸に、冬の練習を積んできました。絶対に負けられない気持ち。いい勝負をしてリベンジしたい」と、引き締まった表情で思いを口にしました。佐々木啓司監督も「また(試合を)やれてよかった。前回のような(バント処理、バント失敗などの)ミスをなくしていけば、楽しみな試合になる」と、クラーク国際としての甲子園初勝利を思い描きました。
選手たちはこの日朝5時に、一面が銀世界の地元・深川を出発。新千歳空港午前8時30分発の飛行機で仙台に入り、午後から早速雪のないグラウンドで汗を流しました。現在の予定では、3月6日の強豪・前橋育英高校(群馬)戦を皮切りに、愛知、滋賀などで10試合以上の練習試合を行い、実戦感覚を取り戻していきます。初戦の18日は開幕日のため、開会式の入場行進にも参加し、本番を迎えることになりました。「(コロナ渦が続いたため)ブラスバンドの応援は入学して初めてでワクワクします。クラーク高校は全国にあり、応援してくださる方も多いので励みになります」と白取主将。キャンパスで、自宅のテレビで、そして甲子園で、全国約1万人の生徒の力を一つにして、甲子園初勝利をつかみましょう!
このホームページでは、これから甲子園本番まで硬式野球部情報をできるだけ多くお伝えしていきます!定期的にチェックして、クラーク国際の聖地での戦いを、全力で楽しみましょう!

左から白取主将、越智選手、辻田投手、山中投手、佐々木監督(撮影・佐々木達也野球部長)
オンライン抽選会に臨んだ白取主将は、抽選結果を手に笑顔(撮影・佐々木達也野球部長)
到着早々汗を流す選手たち(中央は越智選手。撮影・佐々木達也野球部長)
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる