MENU
お問い合わせ-スマホ開閉メニュー

\ お気軽にお申し込みください /

メニュー

女子硬式野球専攻(仙台)が楽天生命パーク宮城で、国内最強・西武レディースと対戦!

プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地・楽天生命パーク宮城で、女子硬式野球部(仙台)が6月4日、クラブチームの埼玉西武ライオンズ・レディースとオープン戦を行いました。第1試合は1−10で大敗も、第2試合は0−4。スタメンの半分が女子日本代表という強豪クラブチームを相手に真っ向勝負を挑みました。
2試合目の2番手でマウンドに立った青木智美投手(2年)は、相手のインコースをストレートで攻め、三振を3個奪いました。2本のヒットと2つのフォアボールで走者は許しましたが、2回を無失点。「〝攻めるピッチング〟ができました」と、背番号1の青木投手は、全国高校女子硬式野球選手権(7月23日から、兵庫・丹波市つかさグループいちじま球場、阪神甲子園球場ほか)に向けて手応えを得たようでした。
打線は、ワールドカップ3大会連続MVPの日本代表・里綾実投手ら豪華な投手陣から2試合で9安打を放ちました。チャンスの〝あと1本〟が出ずに1得点でしたが、惜しくも外野手の正面に飛んでしまった鋭い打球もいくつかあり、〝手も足も出ない〟内容ではありませんでした。現役時代に西武、日本ハムの投手として活躍した西武レディースの新谷博監督は「間違いなく全国大会で上位に入るレベル。優勝できる力もある」と評価してくださいました。
「素晴らしい球場でプレーさせていただき、感謝しかありません。格上の相手に対して、最後までチャレンジャーとして、全員で戦いきりました」と、主将の岡田梨花捕手(3年)。楽天球団と提携するからこそ実現できた試合を糧に、7月下旬に実施される全国大会を目指します。

【第1試合】
西武レディース 4212000=10
クラーク国際     0001000=1

バッテリー
大野、柴田、村上―岡田
二塁打 網代

【第2試合】
クラーク国際  0000000=0
西武レディース  130000X=4

バッテリー
網代、青木、佐藤―岡田、國井、海野

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる