MENU
お問い合わせ-スマホ開閉メニュー

\ お気軽にお申し込みください /

メニュー

【PBL授業】クエストエデュケーション、本格始動!企業調べや働き甲斐について、グループメンバーとともに話し合いました。

クラークスマート名古屋キャンパスでは、これまでに「PBL授業」について説明会や体験授業を開き、生徒の理解を深めてきました。そして、本日からいよいよ「PBL授業」が本格スタートします!

【PBLとは】

PBL(Project Based Learning)は、アクティブラーニングのひとつ。日本語では「問題解決型学習」「課題解決型学習」などと訳される勉強法です。生徒が自ら問題を見つけ、さらにその問題を自ら解決する能力を身に付ける学習方法のことを指します。

扱う教材は「クエストカップ」の「コーポレートアクセス部門」!生徒たちが教室にいながら、実在する企業にインターンシップをし、働くということがどういうことなのかを実感しながら学ぶ、実践的問題解決プログラムです。

【「クエストカップ」の「コーポレートアクセス部門」について】 

企業とともに未来をつくる。企業探究コース「コーポレートアクセス」(全24回) – QUEST EDUCATION (eduq.jp)

【授業の開始】 

本日はまず、コーポレートアクセス部門に参加する気持ちを高めるため、クエストカップのオリエンテーション動画を視聴しました。

【先生はファシリテーター】

クエストカップでのオリエンテーション動画では、オリジナルキャラが生徒に向けて「会社とは」、「働くとは」どういうことなのかを分かりやすく説明してくれます。また、この授業では教員は「ファシリテータ―」として参加をするため、教員は答えを出しません。その点についても動画ではしっかり触れるので、どういうスタンスで授業を受ければ良いのか、生徒は自覚することができます。

 その後、企業から実際に出された昨年度のミッションを参考にして、生徒たちは自らがどのような課題に取り組むのかを知ります。大人でも難しい課題ばかりですが、だからこそ、挑戦し甲斐のある授業になるのだと思います。

次回はいよいよ、エントリーしたい企業を選択し、その企業をとことん調べていきます!私たちも生徒も、ワクワクしています!

\ CLARK SMART名古屋の最新情報 /

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる