MENU
お問い合わせ-スマホ開閉メニュー

\ お気軽にお申し込みください /

メニュー

【国際会議】全てが英語!世界中の研修者が広島に!運営スタッフとしてクラーク国際広島生が参加しました。~WCCE2022~

2022年8月20日~24日に世界的に著名なコンピュータや教育の研究者が集まるIFIP WCCE 2022: World Conference on Computers in Education, 20-24, Aug, 2022 in HiroshimaWCCE2022クラーク国際広島の生徒がスタッフとして参加しました。
WCCE2022は、「教育におけるコンピュータ」をテーマとする国際会議で、今回は2017年以来の開催となりました。また、国際学会のため全ての発表等が英語で実施される学会でした。

日本では初めての開催です!今回は平和公園の敷地内にある広島国際会議場で行われました。

今回の実行委員生徒達!広島と大阪のコラボレーション企画でした!
目次

マップの配布

クラーク国際広島では、総合的な探求の授業の一環として、広島大学教授の匹田先生のゼミと協力し、WCCE2022に合わせて外国人に向けたマップの作製にも取り組んでいました
作製したマップは、インフォメーションで配布され、たくさんの参加者の役に立った様子でした。マップ作製の様子は下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
【キャリア学習】クラーク国際広島の2年生が外国人向け地図づくりに挑戦~テレビ取材も!~ クラーク国際のプロジェクト型学習では、仲間とチームを組み、すぐに答えが見つからない“答えのない問い”に対してチームで役割分担しながら、協働して解決していく授業...

スタッフとして国際学会をサポート!

国際会議のサポートに参加したいと自ら希望した生徒たちは、会場で様々な活動に加わりました。また、クラーク梅田校からも応援として7人の生徒が駆けつけてくれました。
サポートの活動としては、国際会議であるため、海外からオンラインでの参加者が多く、ZOOMなどの接続の補助などを行いました。

最初の打合せに参加する生徒
オンラインと対面のハイブリット開催のため、世界中ZOOMを繋ぐサポートをしました。
接続の手伝いをする様子

また、クラーク記念国際高等学校のブースも設置させていただき、訪れた人々への案内なども行っていました。
クラーク国際広島の生徒が定期的に出演する「Link to Life」の出張収録も同時に行われ、広島県の平川理恵教育長にも取材させていただきました。

広島県の平川理恵教育長にお話を伺えました
ラジオ収録インタビューの様子
基調講演をされたMichael Kölling先生にも英語でインタビューさせて頂きました。

国際学会へ参加される方への広島観光のおもてなし

8月23日には、広島を訪れた研究者の方々に対して、「広島城・縮景園を巡るコース」「宮島を巡るコース」「マツダミュージアムを巡るコース」の3つに分かれて案内をさせて頂きました。

世界中の研究者の先生方も参加されました

クロージングセッションでの英語のスピーチ

最終日にはクロージングセッションに参加し、スタッフとして参加した生徒全員が壇上に登り、参加していた方々の前に立ち、英語で話す機会もいただきました。

全員で壇上に上がり、英語でのスピーチをさせて頂きました。

生徒の感想
私は英語が好きで、英語を勉強してきました。WCCE2022の運営に関わらせていただき、運営しながら英語で最先端の研究発表を聞かせて頂くことが出来ました。参加する中で、いつか皆さんのように私も英語を話せるようになりたいと強く思いました。私たちに、このような大変貴重な機会を頂きありがとうございました!多くの事を学ぶことができました。本当にありがとうございました。

記念撮影の様子

終了後も多くの海外の研究者の方々と交流させていただきました

University of North Texasの先生など様々な研究者の方と交流をさせて頂きました

\ 広島キャンパスの最新情報 /

  • URLをコピーしました!
目次