MENU
お問い合わせ-スマホ開閉メニュー

\ お気軽にお申し込みください /

メニュー

【宇宙探究部活動報告】宇宙探求部の活動や宇宙の魅力を日英バイリンガルで発信! 国際広報誌『SPARK』、今春発行予定

高校生が人工衛星の開発・運用をめざすほか、宇宙をテーマにさまざまな探求学習に取り組むクラーク記念国際高等学校の宇宙探求部。「そのチャレンジを国内外に広く伝えたい」、「大好きな宇宙について自分たちで調べ、その魅力を伝えたい」という想いのもと、生徒たちは広報誌の制作を進めています。広報誌の名称は生徒たちが意見を出し合い、投票した結果『SPARK』に決定。発案者で東京キャンパス2年の甘露寺さくらさんは「〝CLARK〟と〝SPACE〟を合わせてSPARKと考えました」と由来を説明してくれました。『SPARK』では、「もし月にクラークのキャンパスができるとしたら、どんな制服や給食が月での学校生活に適しているか」というテーマで行なったJAXAへのプレゼンテーションや、宇宙飛行士・山崎直子さんによる特別授業、人工衛星開発に向けた第一歩として開催された缶サットワークショップおよびHEPTA Satのワークショップなど、宇宙探求部の活動を紹介します。さらに、生徒たちはキャンパスを飛び出して、宇宙に関する事業や研究を行う企業や大学、研究者を取材し、その内容を記事にまとめました。取材先にアポイントメントを取ることも生徒たちにとっては初体験。「学校外の人に連絡をするのは初めてだったので緊張しました」と語るのは、広島キャンパス1年の久保遙さん。「メールの内容を同じ班の仲間や先生に何度も相談して大変でしたが、こうした経験はクラークじゃないとなかなかできない。いろんなことができて楽しいです」『SPARK』の編集作業には関東周辺のキャンパスはもちろん、札幌大通り、広島、福岡など全国各地の生徒たちが参加。オンラインで編集会議を行い、ふだんはなかなか交流できない他のキャンパスの生徒たちとも協力し合っています。〝SPACE(宇宙)〟のワクワクを〝CLARK〟から発信し、社会に〝SPARK〟(活気、元気)をもたらしたい。宇宙探求部の国際広報誌『SPARK』は今春発行の予定です。

広島県北広島町を拠点に宇宙をテーマにした町おこしに挑戦する井筒智彦さん(写真右)を取材する久保遥さん(広島キャンパス1年)、森本裕也さん(広島キャンパス1年)、渡部愛渚さん(さいたまキャンパス2年)
『SPARK』の編集は、関東周辺はもちろん、札幌大通り、広島、福岡など全国各地の生徒たちが参加するキャンパス横断型プロジェクト。オンラインで編集会議を重ね、意見を出し合っています。

\ 広島キャンパスの最新情報 /

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる