MENU
お問い合わせ-スマホ開閉メニュー

\ お気軽にお申し込みください /

メニュー

【男子サッカー専攻】 札幌支部春季大会予選ラウンド2試合目 ~1年生山田遥斗くんがハットトリックの大活躍で見事勝利!~

 札幌支部高等学校春季大会予選ラウンド2日目が4月30日(土)、札幌近郊で行われました。クラックスにとってはこの日の試合は決勝トーナメントに進出するためにも絶対に負けられない1戦となりました。
 この日、春季大会予選ラウンド2試合目となったクラックスの試合は3−1で札幌稲雲高校に勝利し、勝ち点3を得ることができました。
 試合は、前半互いに中盤で激しくボールを奪い合う展開で互いにペナルティエリアでは身体を張って守り、緊迫した試合展開が続きました。しかし、前半30分、MF高道勇壮くん(3年)の裏へのスルーパスに、FW山田遥斗くん(1年)が素早く飛び出し、ダイレクトでシュートを放ち、先制点を奪いました。前半終了間際の良い時間帯に得点を奪って前半を1-0で終えました。後半は、開始2分DF大釜陸空くん(2年)のパスに、再びFW山田遥斗くん(1年)がDFラインの裏に抜け出し、冷静に相手GKの位置をみて、ペナルティエリア外からのシュートを決めて2-0。続けて後半5分、今度は左サイド深くからのMF中村修斗くん(3年)のクロスボールに、FW山田遥斗くん(1年)がしっかり決めて3-0としました。後半30分に不運なオウンゴールがあったものの、この試合ハットトリックの山田くんの活躍もあり、見事3-1で勝利を掴むことができました。伊藤監督は「昨日とは違い、試合の入りも集中していたし、試合内容もよかった」とコメント。1年生の山田くんも「昨日決められなかった悔しさがあり、今日は絶対にゴールを決めたかった」とこの試合に賭けた強い気持ちを試合後に語ってくれました。
 会場運営していただいた北陵高校の皆さん、また応援(ZOOM配信)いただいた皆さん、誠にありがとうございました。

【予選ラウンド2試合目】
クラックスVS札幌稲雲
前半1−0
後半2−1
合計3−1
得点 山田(3)
勝ち点3

~決勝トーナメントに進んだ場合~
【決勝トーナメント 準決勝】
5月5日(木)9時半キックオフ

\ 札幌大通キャンパスの最新情報 /

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる