メニュー

クラーク記念国際高等学校 創立30周年!~9/29(木)、30(金)に30周年記念イベントを開催致しました✨~

クラーク記念国際高等学校は2022年に創立30周年を迎えました!これを記念して、9月29日(木)、30日(金)に創立30周年記念イベントを全国同時開催致しました✨イベントには全国のクラーク生6,000名以上の生徒が参加しました!

目次

企画背景

1992年の開校以来、クラーク記念国際高等学校は「Boys, be ambitious 〜君よ、大志を抱け〜」の言葉で有名なウィリアム・S・クラーク博士の精神を教育理念に、生徒一人ひとりを伸ばすための教育を開発・展開し、これまで60,000人以上の卒業生を輩出してまいりました。現在も、10,000人を超える生徒が在籍し、一人ひとりが「好きなこと」や「得意なこと」に挑戦し、自分自身の未来を見つけるために日々学んでいます。
そしてこの度、本校がこれまでの30年で培ってきた教育を見つめ直しつつ、これからの30年を考える機会とするため、全国に広がる教育拠点をオンラインで繋ぐ記念イベントを実施するに至りました。
過去と未来の「30年」から、サスティナビリティやSDGsを連想し、本校が新たに展開する21世紀型教育」「探究学習」「宇宙教育※1」をベースに、生徒たちが自ら考え、学習できる機会となるイベントです。


※1 宇宙教育
30周年記念事業の一環として、当校と東京大学大学院工学研究科、Space BDで、高校生による人工衛星開発・打上げ、及び宇宙をテーマにした探究学習プログラム「宇宙教育プロジェクト」が2021年よりスタートし、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻の中須賀真一教授の指導のもと、Space BDが支援。プロジェクトアンバサダーに宇宙飛行士の山崎直子氏が就任し、高校生による人工衛星開発・打上げを実現する。同校独自のカリキュラムを通じて、未来の社会で活躍するリーダーの育成を目指しています。

スケジュール

2022年9月29日(木)主なスケジュール
 9:30〜 アルピニスト 野口健 様による講演
 11:00〜「スポGOMI」全国同時開催

2022年9月30日(金)主なスケジュール
 9:30〜 株式会社アストロスケール講演
 11:00〜「宇宙探究QUEST」の実践
 14:20〜「CLARK Sat-1」愛称発表

30周年イベント企画内容

1.アルピニスト野口健氏による講演 これからの地球環境について考える

アルピニストの野口健氏を招いて、地球上から環境問題を考えるための講演を実施。富士山やエベレストなどの清掃活動を通してみえてきた様々な地球環境問題について講演いただきました✨

野口健さんのお話を真剣に聞いています✨

2.全国同時開催!「スポGOMI」に挑戦!! ~目指せ全国一位!✨~

午後は全国のキャンパスで同時にスポGOMIに挑戦しました!✊

熊本のプロ野球チーム、火の国サラマンダーズの武内未来選手と源隆馬選手にもご参加いただき、楽しみながらも優勝目指してゴミ拾いを行いました!⚾

「ゴミ拾いは、スポーツだ!」の掛け声で一斉にスタートしていきました!
火の国サラマンダーズの武内選手もゴミ拾いを手伝ってくださいました!

10/3(月)の熊本日日新聞でスポGOMIの様子を取り上げていただきました✨

3.株式会社アストロスケール講演 ~宇宙の環境問題について考える~

株式会社アストロスケールゼネラルマネジャーである伊藤美樹氏にご登壇いただき、「これからの宇宙環境について」の講義を実施いたしました!宇宙環境の現状や、スペースデブリ(宇宙ゴミ)の対策などについて詳しくお話していただきました🌎

生徒たちはメモを取りながら真剣に話を聞いていました📝

大事なところはメモを取って午後の宇宙探究クエストに備えています!

4.「宇宙探究QUEST」の実践 スペースデブリに対するMissionに挑む

二日目の午後は伊藤美樹氏の話を通して、「スペースデブリ問題から宇宙の課題と可能性を想像し、私たちが考える宇宙の未来を考える。」というミッションについてグループで考えました!難しいミッションではありましたが、柔軟な発想で意見を交わし、パワーポイントを使って発表をしていきました✨

最後はzoomで全国のキャンパスを繋ぎ、熊本キャンパスで出たアイデアを共有しました!

ミッションについてみんなで話し合っています
各グループで出たアイデアを発表しています!

5.「CLARK Sat-1」愛称発表 ~高校生が人工衛星を宇宙へ飛ばす!~

最後は、2023年度中に高校生初として打ち上げを予定しているクラークの人工衛星「CLARK Sat-1」の愛称発表がありました。全国のクラーク生から公募を募り、その数はなんと1168件!

その中から独自性や独創性などを考慮された結果、人工衛星の愛称は「AMBITIOUS」に決定いたしました✨

「Boys, be ambitious」というクラーク博士の言葉からとられた、とてもクラークらしい愛称となりました!

また、熊本キャンパスの生徒が出した案が選考委員特別賞に選ばれ、キャンパス内でもとても盛り上がりました!✨

\ 熊本キャンパスの最新情報 /

  • URLをコピーしました!
目次