MENU
お問い合わせ-スマホ開閉メニュー

\ お気軽にお申し込みください /

メニュー

【国際総合(週5日通学)】模擬選挙に向けての事前学習。生徒はそれぞれの”モノサシ”で政策について考えました。

 クラーク浜松は、2016年に選挙年齢が18歳に引き下げられて以降、毎年、授業内で主権者教育を行っています。本日、3年生を対象として、「選挙」についての特別授業を実施しました。
 参議院議員通常選挙の投票日が迫っている中、3年生は実際の立候補者が掲げているマニフェストを見ながら、様々な視点から政策について考えました。まだ選挙権を得ていない生徒もいますが、グル-プで意見を出し合い、そして、最後は個人で、模擬選挙で、誰に投票するのかを考えていきました。
 担当の日高先生からは、「まずは政治や選挙について、高校生が向き合うことが大切」だということを学び、生徒も最後まで真剣に政治や選挙に向き合っていました。

自分の意見を持つことも大切です。
各候補者のマニフェストを見ながら議論をしました。
難しいと感じることも多かったようです。

\ 浜松キャンパスの最新情報 /

  • URLをコピーしました!
目次