MENU
お問い合わせ-スマホ開閉メニュー

\ お気軽にお申し込みください /

メニュー

【宇宙プロジェクト】宇宙探求部の活動や宇宙の魅力を日英バイリンガルで発信! 国際広報誌『SPARK』、今春発行予定

高校生が人工衛星の開発・運用をめざすほか、宇宙をテーマにさまざまな探求学習に取り組むクラーク記念国際高等学校の宇宙探求部。「そのチャレンジを国内外に広く伝えたい」、「大好きな宇宙について自分たちで調べ、その魅力を伝えたい」という想いのもと、生徒たちは広報誌の制作を進めています。
広報誌の名称は生徒たちが意見を出し合い、投票した結果『SPARK』に決定。発案者で東京キャンパス2年の甘露寺さくらさんは「〝CLARK〟と〝SPACE〟を合わせてSPARKと考えました」と由来を説明してくれました。
『SPARK』では、「もし月にクラークのキャンパスができるとしたら、どんな制服や給食が月での学校生活に適しているか」というテーマで行なったJAXAへのプレゼンテーションや、宇宙飛行士・山崎直子さんによる特別授業、人工衛星開発に向けた第一歩として開催された缶サットワークショップおよびHEPTA Satのワークショップなど、宇宙探求部の活動を紹介します。
〝SPACE(宇宙)〟のワクワクを〝CLARK〟から発信し、社会に〝SPARK〟(活気、元気)をもたらしたい。宇宙探求部の国際広報誌『SPARK』は今春発行の予定です。

\ CLARK NEXT Tokyoの最新情報 /

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる