MENU
お問い合わせ-スマホ開閉メニュー

\ お気軽にお申し込みください /

メニュー

【コース】コース課題を魔改造!?面白いアレンジが続々!ゲームアプリコース!

CLARK NEXT Tokyoにはeスポーツコース/ロボティクスコース/ゲーム・アプリコースの3つのコースでテクノロジーに特化した教育を実施しています。今回はゲーム・アプリの生徒たちの活動を紹介いたします。

ゲームアプリコース2年生前期の課題は2DのUnityで作る「アングリーバード風のゲーム」。
講師の先生からは基本のアングリーバードの作成について教わりますが、基本を学んだあとの「魔改造」は生徒の手にゆだねられています。
今回はチームを組んで「魔改造」に取り組む若菜さん、島本さんペアの取り組みを教えてもらいました!

協力する若菜君(手前)と島本君(奥)

Q:2人で取り組むことにしたきっかけは??

A:若菜君の発想が面白かったのと、そこに自分のアイディアも入れたらさらにゲームとして完成度の高いものが作れるのではないかと思って、2人で作ることを提案しました。(島本)

Q:どんなものを作っているの?

A:今のところ、規定の課題に、ポーズ画面の作成、コントローラー対応化、設定画面の作成、BGMの設定、効果音の設定、設定ボタンの作成、一時停止ボタンの作成、ステージのランダム化、パワポ作成、ポスター(一枚にまとめた版)、トリセツなどの要素をつけたそうと思っています。(若菜)

Q:この「魔改造」を経て、最終的な目標は?

A:もっと面白いもの、プログラミングに対して知識を深めていきたいと思っています。いろんなことができるようになると面白いので、次につなげていきたいです。(若菜)
 できれば東京ゲームショウに出展したいですが、この経験を通していろいろなゲームとかアプリとかの制作をしたり、色々なコンテストに出品したりしてみたいです。(島本)

以上、ゲームアプリコースを代表する2人のインタビューでした!
夏休み期間も上手に使って、こだわりの「魔改造」を完成させてほしいです!

\ CLARK NEXT Tokyoの最新情報 /

  • URLをコピーしました!
目次