MENU
お問い合わせ-スマホ開閉メニュー

\ お気軽にお申し込みください /

メニュー

確かな学力

「わからない」を「わかった!」に。
一人ひとりに最適な学びがあります。

「わからない」を「わかった!」に。一人ひとりに最適な学びがあります。

一人ひとりの成長のスピード、理解のスピードが異なるのは当然のこと。だからこそ、自分にあったペースで「わかる楽しさ」を実感し、着実に学力をつけていってほしい。クラーク国際では、こうした考えのもと、レベルや理解度に合わせ、それぞれのペースで学んでいくことができるよう「個」に寄り添う学習スタイルを採り入れています。苦手だった科目の学び直しも、難関大学の受験に向けたレベルの高い学習も。あなたにぴったりな学びがかなえられる環境がここにあります。

習熟度別学習教材を使うので安心。それぞれのペースで成長できます。

習熟度別学習

一人ひとりが内容をしっかりと理解したうえで、知識・技能を定着させることができるよう、「対面」と「オンライン」を組み合わせた授業を展開しています。活用するのは、教科書準拠の習熟度別学習教材。これを「対面」と効果的に組み合わせ、さらに仲間たちと協働で学び合いをすることで、理解を深めていきます。

クラーク国際が活用する習熟度別学習教材とは?

小学校、中学校、高校の教科書に準拠した内容の学習教材で、基礎レベルから大学受験レベル、東大・京大・医学部受験レベルまで、個人の習熟度に合わせて学べる内容になっています。提携予備校選抜教員による映像授業、テキスト、解説動画、確認テストがセットになっており、個人のペースで理解するまで取り組むことができます。

個人の習熟度に合わせて学べる習熟度別学習
細矢 寿多郎さん

自分のペースで勉強ができ、
単元ごとの復習にも最適です。

大学進学に向けて、この習熟度別学習教材が非常に役に立ちました。参考書を買う必要も無く、教材はネットで配布もされており、すぐに勉強を始めることが出来ました。 今まで勉強してきた範囲の復習を行ったことで、その後のさまざまな勉強がスムーズに進みました。授業ではもちろん、休みの日や放課後でも質の高い授業が受けられること、自分のペースで勉強が進められること、そして復習がしやすいことが映像授業での学習のメリットだと感じています。また、学校の授業で理解しきれていなかった単元の学習にも役に立ちました。

関口 柊太郎さん

基礎学力を身につけるため
自主学習・復習の強い味方に!

習熟度別学習教材は単元ごとに細かくわかれているので、授業以外の学習でも、数学は1日2コマ、英語は1日1コマ進めるなど、具体的に計画できるところが嬉しいです。また、映像授業なので、自分のペースで倍速や巻き戻しができる点もメリットだと感じています。聞きのがしたり、わからない部分があっても、何回でも聞き返すことが出来ますし、早送りすれば時短にもなるからです。これまで、1年生のうちは授業でわからないところがあった時に復習という形で利用することが多かったですが、2年生からは予習にも使いたいです。

クラーク国際は「教員力」で、一人ひとりの力を伸ばします。

教員スキルを高める様々な研修制度

「確かな学力」を育むために、一番の要となるのが教員の力です。クラーク国際では、生徒一人ひとりに寄り添った学び、さらには、時代に応じた学びが不可欠との考えから、教員スキルを高めるための様々な研修を行っています。

授業力研修

毎年行っている「夏期教職員研修」では、全国のクラーク国際のキャンパスから教員が集い、授業力研修や学力試験等を行い、教科指導力の向上を図っています。

ファシリテーション研修

プロジェクト型学習を効果的に運用するために欠かせない、教員のファシリテーション力。クラーク国際ではこうした力の育成に向け、研修を行っています。

コーチング研修

生徒たちの力を引き出して伸ばし、主体的な学習者となることを支援するために、クラーク国際では、教員がコーチングの技法を学ぶ研修を実施しています。

研修を通じ効果的なコーチング等、
一人ひとりを伸ばす力を身につけます。

教員 太田 勇樹

学習スタイルは生徒一人ひとり異なり、高校卒業後の進路に向けた時間をより有効に使いたいと考える生徒は多いと思います。クラーク国際では、担任との面談の機会も数多くあり、生徒の一人一人にあった様々なアプローチやプランニングをして、効率よく学習に取り組むことができます。大学受験や資格取得、中学校の学び直しなど、生徒の目標もそれぞれなので、1つのアプローチに縛られずに、生徒に合った的確なコーチングをすることを念頭に置いて、私自身も面談にあたっています。生徒は習熟度別学習教材を活用しながら学習を進めていくので、進捗管理やプランニングも可視化されて、フィードバックの時間も有意義なものとなっています。多様な学び方を尊重しながら、生徒の可能性を広げることが出来るのも魅力であると感じています。