MENU
お問い合わせ-スマホ開閉メニュー

\ お気軽にお申し込みください /

メニュー

国連主催・高校生の主張コンクール 福岡県代表に選ばれました!

9月22日(木)アクロス福岡で行われた、国連主催「高校生の主張コンクール」で、TIBC福岡校の国際専攻1年生・竹川さんが、見事福岡県代表に選ばれました
県代表に選ばれるのは、わずか1名のみの狭き門です。
このコンクールは今年で69回目を迎え、高校生という若い世代が国際理解や国際協力について考える機会として提供されています。
県代表選考会でのスピーチの様子
選考会後、審査員と一緒に
目次

国連主催・高校生の主張コンクールとは

外務省と公益財団法人日本国際連合協会が主催し、毎年開催される全国規模のコンクールです。
日本だけでなく、国際的な視点から問題を見出し、その解決策を提案する、という正に社会に出るために必要な力が試されるコンクールとなっています。
今大会では、「持続可能な開発目標(SDGs)のうち、1つ目標を選ぶとしたら、どのような理由でどの目標を選ぶか。また、その目標をどのように達成するか。」という題目でした。
これに対し、竹川さんは「ジェンダーの固定概念を乗り越える」を副題に、国内外の現状を調べたり、達成するための方法を考えたりしながら原稿を作成しました。
本番では、審査員を前に堂々と落ち着いた様子で発表できました。
第69回、日本国際連合協会福岡県本部・福岡県予選の概要はコチラから
詳しい内容については、TIBC福岡校の記事をご覧ください。
  • URLをコピーしました!
目次