メニュー

クラーク記念国際高等学校がスマートニュース メディア研究所、インターネットメディア協会と、「メディアリテラシー」をテーマに産学共同授業を10月より開始

目次

スマートニュース メディア研究所、インターネットメディア協会と産学協働授業開始

2021年度開講「スマートスタディコース」の生徒に向けたプロジェクト型授業

広域通信制高校のクラーク記念国際高等学校(本校:北海道深川市、校長:吉田洋一)は、スマートニュース株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:鈴木健)のシンクタンクである「スマートニュース [1] メディア研究所」と連携した授業を10月12日より開始いたします。

本授業は2021年度より設置された「スマートスタディコース」首都圏のキャンパス(東京・横浜・千葉・さいたま・厚木・柏)にて実施。メディアリテラシーとその根幹となるクリティカルシンキングを身につけることで物事の本質を見極め、社会に出ても活躍できる人材育成を目的としたプロジェクト型授業となります。期間は 2022年の10月から2023年2月まで。

概要

本校では「“好き”を“得意”に」発展させ、個性を際立たせ成長を目指す教育を開校当初より行っています。様々な分野において多くのプロフェッショナルや企業と連携し、社会性の高い実践的な授業展開を図ってまいりました。

今回授業を実施するスマートスタディコースは、オンラインと通学を組み合わせ、一人ひとりに合った学び方を提供するクラーク記念国際高等学校の新しいコース。自ら問題を発見し解決する能力を養うための学び「PBL=ProjectBased Learning」をコースの柱として、さまざまな企業と連携した授業を展開しています。今回の産学協同プロジェクトは、この「PBL」の探究学習プログラムの一つとして実施されます。

今回のプログラムは、メディアにおける知識や情報の捉え方が多様であること、氾濫する情報への向き合い方や情報精査の方法をワークショップ形式で学ぶもの。様々なアプローチからデジタル時代を生き抜くための論理的思考、クリティカルシンキングを身につけます。

一般社団法人インターネットメディア協会(JIMA)とも授業連携。JIMAからは、講師として元TBS アナウンサーでジャーナリストの下村健一氏が参加。また、NewsPicks Educationを活用して、JIMAに所属するメディアの現場の人たちとともに、ニュースを楽しみます。

さらには生徒自身が考える「理想の情報」についてプレゼンを実施予定です。

プログラムの目的

スマートスタディコースの理念である「自ら学ぶ力」の育成。新しい価値の創造をテーマに企画力を養い、受講者へ「能動的に解決する力」、「自ら未来を切り拓く力」を身につける。

スマートニュース メディア研究所について

日本と米国でニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」を運用するスマートニュース株式会社(2012年6月15日設立)のシンクタンクです。ニュースやメディアが本当に社会や人々の役にたつためにはどうあるべきかをテーマとして、調査・研究を行なっています。中長期的な視点からの提言と、課題解決の実現を目指して2018年8月に設立しました。

一般社団法人インターネットメディア協会(JIMA)について

メディアやプラットフォームが、生活者(インターネットユーザー)の方々にとって信頼される存在になるべく、メディアについてのさまざまな課題をともに考え、啓発し合う団体です。その一環として、情報の取捨選択のために必要なメディアリテラシー教育の推進についても積極的に行っています。

さいごに

今回の産学連携を行なっている「スマートスタディコース」に興味ある方は下記をクリックください。

  • URLをコピーしました!
目次