MENU
お問い合わせ-スマホ開閉メニュー

\ お気軽にお申し込みください /

メニュー

キリンビバレッジ株式会社近畿圏地区本部と連携した産学協同プログラムを実施!「午後の紅茶」の販促施策をクラーク国際生が提案

学校法人創志学園クラーク記念国際高等学校(本校:北海道深川市、校長:三浦雄一郎)のスマートスタディコースは、キリンビバレッジ株式会社近畿圏地区本部(本社:東京都中野区、地区本部長:宮代清尚)と連携し、産学協同プログラムを実施します。期間は2021年の9月から来年1月まで。

 スマートスタディコースは、オンラインと通学を組み合わせ、一人ひとりに合った学び方を提供するクラーク記念国際高等学校の新しいコースです。自ら問題を発見し解決する能力を養うための学び「PBL=Project Based Learning」をコースの柱として、さまざまな企業と連携した授業を展開しています。今回の産学協同プロジェクトは、この「PBL」の探究学習プログラムの一つとして実施されます。

 本プログラムでは「午後の紅茶」を題材とし、具体的な販促施策を高校生が考え、キリンビバレッジ社に提案します。実際に「午後の紅茶」のマーケティングを担当している方からレクチャーを受け、実社会で自分のアイデアを実現する方法を学んでいきます。

詳しくはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000040238.html

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる