MENU
お問い合わせ-スマホ開閉メニュー

\ お気軽にお申し込みください /

メニュー

手に汗握る緊迫の投手戦。勝利を逃すも、次の夏へ。

2022年3月19日、第94回選抜高等学校野球大会(於:阪神甲子園球場)1回戦に臨んだ。序盤に2-2と点を取り合う展開となり、その後、手に汗握る緊迫の投手戦に。2回裏の途中からマウンドに上がった辻田旭輝投手が、延長10回裏まで、8回1/3を投げて11三振を奪う力投を見せましたが、延長戦の末、大会初出場初勝利にはなりませんでした。

「 Student Voice 」

辻田 旭輝さん

結果は悔しいが、成長できた大会だった。

チームの甲子園初勝利や佐々木啓司監督の3元号勝利がかかっており、『絶対に勝ちたい』という気持ちで挑みました。結果は悔しいですが、自身でも前年の明治神宮大会から成長したと思える点もあったので、次に向けて頑張っていきたいと思います。

その他のクラーク生の「夢・挑戦・達成」はコチラから

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる