MENU
お問い合わせ-スマホ開閉メニュー

\ お気軽にお申し込みください /

メニュー

通信制高校とは

通信制高校とは?

高校には、通信制・全日制・定時制の3つの種類があります。このうち通信制高校は、毎日学校へ登校する必要はなく、レポートやテストを郵送やインターネットを介して行うことによって高校卒業資格を取得します(ただし年に一定期間「スクーリング」という面接指導があります)。卒業すると全日制や定時制の高校と同様の高校卒業資格が得られ、最終学歴も同じく「高校卒業」となります。
通信制高校に在籍している生徒数は全国で年々増加しています。少子化の影響もあり、全日制高校は前年度に比べ減少していますが、通信制高校に通う生徒数は増加し続けているのは、時代のニーズにマッチしている表れです。

通信制高校ではインターネットを使った通信教育が基本となり、必ずしも毎日学校に通う必要はありません(ただし、高校の教育方針やコースにもよります。一定期間の「スクーリング(面接指導)」には参加する必要があります)。そのため、自身の状況やライフスタイルに合わせて学び方を選択できることが大きなメリットです。たとえばスポーツや芸能活動などのプロ活動に専念したい人、働きながら学びたい人、不登校や高校中退を経験した人など、さまざまな生徒が在籍しています。

通信制高校を卒業するためには?

通信制高校は、全日制高校や定時制高校と異なった卒業条件が用意されています。
学校教育法によって定められている卒業の条件は、「3年以上高校に在籍すること」「必修科目を含めて74単位以上を取得すること」です。通信制高校でもこの条件が適用されますが、在籍期間は3年以上でも、実際に学校へ通う日数は少ないことが特長です。登校日数は学校によって異なりますが、週に数回から年に数回学校へ行き、学習状況について面談を行ったり分からないことを質問したりするスクーリングが必ず実施されます。(クラーク記念国際高等学校では、それらのスクーリングを行い、加えて各コースによって特化した学習のための通学も実施されています。)
スクーリングに加え、所定のレポートを提出してテストを受験し、必要な単位を取得していく必要があります。①レポート提出(報告課題)と②スクーリング(面接指導)、③テスト(単位認定試験)の成績の結果、その3つが一定の評価基準に達した場合に単位取得となります。そして単位が必要数を満たした時点で、高卒資格が与えられることになるのです。

レポート提出(報告課題)

通信制高校へ入学すると、各学校の教材を使用する場合や、タブレット端末で勉強する場合があります。従来は冊子やDVDなどが主流でしたが、最近ではタブレット端末を活用して映像授業を視聴するスタイルも増えてきております。学習を進めレポートを提出することで、単位を取得します。クラーク国際でのレポートの提出方法は、タブレット端末を活用し、インターネット経由での提出をします。

スクーリング(面接指導)

選択するコースにもよりますが、通信制高校では最低限の決められた登校日が存在します。この通学のことをスクーリング(面接指導)といいます。登校日数が少ないコースを選択し、自宅学習でわからない内容や疑問に思ったことがあれば、先生に直接質問して指導を受けることができる貴重な機会となります。スクーリングの頻度は、週や月に何回通うかを選択できる学校、年数回の登校で良い学校、合宿に参加すれば良い学校などさまざまです。

テスト(単位認定試験)の合格

レポートの内容に沿ったテスト(試験)に合格することで、単位修得が認められます。